2018/05/11 07:00

“声枯れ”は甲状腺がん等命に関わる病気が隠れていることも

ただの声枯れと侮るなかれ
ただの声枯れと侮るなかれ

 人間は呼吸する際、声帯を開き、声を発するときには声帯を閉じて気管からの空気を声帯にあてることを無意識に行なっている。ところが、様々な原因で声が出にくかったり、枯れることがある。特に仕事で声を使う教師や歌手、政治家といったプロフェッショナルボイスユーザーにとって、その影響は計り知れない。

 診察は問診で年齢や性別、仕事、生活習慣、食習慣、服用中の薬、既往症などを詳しく聞く。また喉頭ファイバースコピー検査、喉頭ストロボスコピー検査、発声機能検査、CTやMRI検査も行なう。ストロボスコピーとは発声時の声帯間隙の有無や声帯粘膜の振動の大きさなどを検査するものだ。喉頭がんが疑われる場合は組織を取り、病理組織検査を行なう。

 山王病院・国際医療福祉大学東京ボイスセンター(東京都港区)の渡邊雄介センター長に話を聞いた。

「声が出にくい、声が枯れるといった症状で喉頭がんを疑い、受診される方がよくいらっしゃいます。喉頭がんは患者の97%が喫煙の男性で、年間約4000人が発症しますが、声枯れという自覚症状があるため、90%近くの患者さんがステージIかIIの早期で発見されます。ちょっとでも喉や声に違和感があったら、専門病院での検査が大切です」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >