2018/05/20 16:00

池の水を全部抜かなくても魚が何匹いるか推計する方法がある

釣りの腕前がなくても池の魚の推計は導き出せる
釣りの腕前がなくても池の魚の推計は導き出せる

 池に大量発生する外来種の魚などを捕獲する『池の水ぜんぶ抜く大作戦』(テレビ東京系列)が人気となっているが、わざわざ水を抜かなくても池に何匹の魚が泳いでいるか見積もることはできる。ニッセイ基礎研究所・主任研究員の篠原拓也氏が説く推計方法とは?

 * * *
 確率や統計の分野は、難解な専門用語がたくさん出てきてとっつきにくい。いくつか例を挙げると、「歪度(わいど)・尖度(せんど)」、「帰無仮説」、「多重共線性」、「交絡因子」、「尤度(ゆうど)比」といった感じだ。

 こうした用語を、日常生活で使う人はかなり限られるだろう。一般に、専門用語を使った話は実感が伴わず関心が持たれない。むしろ、確率や統計では具体的な問題をもとに考えてみるほうが興味がわきやすい。例えば、「ある池に、魚が何匹いるのか?」を推計するといったことだ。

 以下では、2つの推計の方法を考えてみよう。

 まず、1つ目の方法。この池から、適当に20匹の魚を釣って、標識となる札をつけて池に戻す。しばらくしてから、30匹の魚を釣ったところ、15匹に標識がついていた。このとき、この池には何匹の魚がいると推計されるだろうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >