2018/05/28 16:00

【川本三郎氏書評】現代作品を批判する90年代ドラマ考察集

『90年代テレビドラマ講義』/藤井淑禎・著
『90年代テレビドラマ講義』/藤井淑禎・著

【書評】『90年代テレビドラマ講義』/藤井淑禎・著/平凡社新書/800円+税
【評者】川本三郎(評論家)

 九〇年代のテレビドラマは現在よりはるかに輝いていたと著者は言う。「その気になるまで」「君と出逢ってから」「親愛なる者へ」「高校教師」などいまも記憶に残るドラマが次々に作られた。

 テレビはかつて脚本家が脚光を浴びた。まず市川森一、倉本聰、向田邦子、山田太一の「四天王」の時代があった。ドラマは脚本家が重要とされた。九〇年代にその流れを受け継いだ脚本家が「親愛なる者へ」の野沢尚と「高校教師」の野島伸司。野沢と野島でNN時代と言う。

 著者は元立教大学教授で夏目漱石など近代文学研究者。それが意外やテレビドラマ好きで、大学では「ドラマ学」という講義をしていたという。映画や演劇に比べるとテレビドラマ評は少ない。あまりに多くの人が見るために逆に軽視される。

 そこで著者はテレビドラマにきちんと向き合うことを心にきめる。印象批判に終わらず、シナリオの検討から始め、それをどうドラマ化したか、さらに時代が反映されているかどうかが考察されてゆく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >