2018/06/03 16:00

牡蠣の効果的な食べ方の目安は1日10個 18個以上は要注意

【うなぎ】
 夏バテ予防で知られるが、平安時代からすでに滋養強壮に効果があるとされており、貴族たちは白蒸しにし、塩味で食したという。

「うなぎにも亜鉛が含まれており、精力増進に役立つと考えられますが、蒲焼1串(100g)当たり2.7mgで、牡蠣の6分の1ほど。医学的にはそう大きな期待はできません。ただし、うなぎは疲労回復効果のあるビタミンB系を豊富に含んでいるので、広い意味で“元気になる”という解釈も可能です」(平山医師)

◆専門家による格付け(最高は★5つ):★★

【にんにく】
 精力アップに良さそうなイメージがあるが、医学的な評価はどうか。新宿ライフクリニック院長で日本性機能学会専門医の須田隆興氏が語る。

「にんにくが“ED対策に効果あり”と信じられてきた理由は、にんにくに含まれるビタミンB1によるものだと推察されます。ビタミンB1は糖質の代謝を促して体内に疲労物質が蓄積するのを防ぐため、疲労回復などに効果がある。しかし、医学的に見ると、EDの改善を促すような食材とはいえません」

専門家による格付け(最高は★5つ):★★★

※週刊ポスト2018年6月8日号



今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >