2018/06/07 16:00

入浴を拒否する高齢者の誘い方 説得よりも“楽しみ”として

作業療法士・認知症ケア専門士の村島久美子さん
作業療法士・認知症ケア専門士の村島久美子さん

 高齢者や認知症患者の中には、入浴を嫌がる人も多いという。やっと入って出てくると「気持ちよかった」と喜ぶのに…。作業療法士・認知症ケア専門士の村島久美子さんに、家族が知っておきたい対策を聞いた。

◆服を脱ぐのも億劫…皮膚疾患がある場合も

「入浴を拒否、敬遠するのには、必ず理由があります。高齢になると、体を動かす、移動するなど、何をするにも疲れ、億劫になります。さらに手指の細かな動きが苦手になると、ボタンを外して服を脱ぐのもひと苦労なのです。

 認知症の人に見られる被害妄想や幻視も理由になり得ます。服を盗まれる、見張られているなど、本人は入浴どころではありません。また、進行すると『入浴』という言葉と、入浴するイメージが一致しなくなります。何を言われたのかわからないまま服を脱がされるので、不快や恐怖を感じて拒否…という反応に。皮膚疾患で痛みやかゆみが生じている場合もあります。

 認知症の人は、これらの気持ちや症状をその場で的確に説明できないことが多く、『いや!』という拒否だけが表に出ることになるのです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >