2018/06/15 07:00

鎌田實氏 古希を前に「70歳の壁」をどう越えるか考えた

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師
諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 長い人生を送るなかで、人はいろいろな節目を迎える。先人の知恵を借りたいところだが、長命が珍しくなくなったいま、どのような70歳、80歳になるかを誰もが模索している状態だ。今年、古希を迎える諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、70歳の壁について考えた。

 * * *
 僧侶の高橋卓志さんは、みんなから「ジンさん」と呼ばれている。長野県松本市にある神宮寺の住職だからだ。臨済宗妙心寺派のれっきとしたお坊さんだが、ジンさんに宗派を尋ねると、「みなのしゅう」とダジャレが返ってくる。

 ジンさんとぼくは同い年。ともに今年古希を迎える。つきあいも長い。ぼくが代表をしている日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)では、発足当初、事務局長をしてもらった。JCFの財務基盤や人脈をつくったのはジンさんだ。

 東日本大震災の直後は、諏訪中央病院の医師や看護師らと一緒に被災地に入って、後方支援に当たった。まだガレキの散乱する町で、毎朝早く、彼は体育館の遺体安置所へ赴き、お経をあげた。突然、命を奪われた人たちと、その死を必死に受け止めようとする遺族たちにとって、どんなに心の慰めになっただろうか。その読経は、今もぼくの脳裏に響いている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >