2018/06/17 07:00

髪を洗わない高齢者が洗うようになったまさかのテクニック

“洗う順番”表示で髪の洗い忘れがなくなった認知症母
“洗う順番”表示で髪の洗い忘れがなくなった認知症母

 83才の母の介護を続けるN記者(54才・女性)。近頃は母の髪の汚れが気になっているという。N記者が、介護における「洗う順番」についてリポートする。

 * * *
 母は何日も髪を洗わないことがあり、時ににおう。自立した生活と人との交流を楽しんでほしいから、何とかしたい。介護スタッフに相談すると、お風呂で洗う順番を書いて浴室に貼ると言う。そんなことで?と、笑いそうになったのだが…。

◆「臭いよ、ママ」と意地悪しても効果なし

 実は1年近く前から、母の髪の汚れが気になっている。サ高住で独居する母を訪ねるのは通院を含めて週1回くらい。以前は、汚れている時とそうでない時もあったが、髪がペットリしてにおうほど汚れている頻度が増えてきた。そしてそんな時は、会うなり、「ねぇママ、髪臭いよ。洗っていないでしょ?」と、思わず意地悪を言ってしまう。

 認知症の人にプライドを傷つけるようなことを言ってはいけないのは重々承知しているのだが、サ高住で暮らし始めてからの母はとても落ち着き、服装や化粧にも前向き。むしろ若い頃より明るくおしゃべりになり、娘の私が認知症を忘れるくらい。だから、つい本音が出てしまう。だいたい髪が臭いなんて、家族以外に誰も言えないではないか!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >