2018/06/21 16:00

昼夜人口比率全国最低の埼玉、日中83万人が県から離れる

昼間はガラーン!?(イラスト/福島モンタ)
昼間はガラーン!?(イラスト/福島モンタ)

 人口統計を深掘りすると、都道府県の意外な一面が見えてくる。“脱出”している現住人口に占める昼間人口(他地域からの通勤者など日中だけ現存する人口)の割合を表わす、昼夜間人口比率(15年調査、総務省)で“ワースト”の88.5%を記録した埼玉県。数字が低いほど日中、住民が県外に“流出”していることを指す。最も高かったのが東京都(118.1%)で、周辺県から大量の人口が首都に通勤している実態を裏付ける。

 埼玉の昼間の流出人口は約83万人にのぼり、人口で県内第2位の川口市と6位の草加市を合わせた人数に相当する。全国で5番目に人口が多い県だが、それは“夜限定”の話なのである。

◆取材協力/友部謙一

※週刊ポスト2018年6月29日号

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >