2018/06/17 16:00

伸長著しい中食市場 コロッケなど揚げ物とすし類が強い理由

中食市場でコロッケは全国的に強い(写真:アフロ)
中食市場でコロッケは全国的に強い(写真:アフロ)

 見かけると思わず手が伸びてしまうのが惣菜。おいしい思いを体験すると習慣化もしやすい。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が指摘する。

 * * *
 この10年、食市場は内食、中食(惣菜)、外食とも伸びている。とりわけ中食(惣菜)市場の伸びが著しい。一般社団法人日本惣菜協会が発表した「2018年版 惣菜白書」によれば史上初めて、10兆円を突破し、10兆555億円に到達した。

 中食のなかでも全国的に購入頻度の高い人気の惣菜が「コロッケ」だ。今回の調査では「購入場所別に見た購入頻度の高い惣菜」についても調査が行われているが、首都圏、近畿圏、中京圏、北海道という4エリアでコロッケが1位を獲得している。

 コロッケを家庭で作るとなると、玉ねぎとひき肉を炒め、じゃがいもをふかしたものをつぶしたものと合わせてしっかり混ぜ、小麦粉、卵、パン粉をつけて揚げるという、かなり手のかかったものになるが、惣菜として買うなら1個数十円~100円前後。しかもおなかもしっかりふくれる優秀なおかず。コロッケはとても中食にむいたおかずなのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >