2018/06/22 07:00

球場等で暴漢登場、観客がパニックになったらどう動くべきか

逃げる時は通路の左側を
逃げる時は通路の左側を

 6月9日、年間延べ3億人が利用する新幹線の中で発生した小島一朗容疑者(22)による殺傷事件。逃げ場のない“密室”、あるいは不特定多数の人物が利用する施設では、そうした“事件”が発生した際に咄嗟の判断と機転が生死を分ける。不測の事態に巻き込まれたとき何ができるのか。

 夏となれば、多くの人が訪れるスタジアムでのライブ。たとえば、誰もが知る東京ドームの場合、危険防止の生命線は「徹底した水際対策」だという。

「とにかく、危険物をドームの中へ持ち込ませない。それが基本理念です。東京ドームでは各入り口でバッグの中に手を入れて持ち物検査をしますし、イベントによっては金属探知機も使っています。

 防犯上の理由で、避難方法は公開していませんが、過去30年間、検査をすり抜けた危険物が原因で、スタジアムでトラブルが発生したことはありません」(東京ドーム広報IR室)

 万が一、スタジアムで暴漢が現われた場合、危険回避のために取れる手段にはどんなものがあるのか。大手警備会社の幹部は、選択肢には「表と裏」があるという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >