2019/01/20 16:00

ブルガリア出身鳴戸親方もごっつぁん「もつちゃんこ」レシピ

鳴戸部屋の「もつちゃんこ」
鳴戸部屋の「もつちゃんこ」

 寒い冬に食べたい定番料理といえば、やっぱり鍋。そして、鍋のエキスパートといえば、日頃からちゃんこを食べている力士たちだ。初場所で好取組を見せる力士たちの“パワーの源”であるちゃんこは栄養もバリエーションも豊富。相撲に詳しいノンフィクションライター・武田葉月さんが、“スー女”を代表して徹底取材した。

 ブルガリア出身の元大関・琴欧洲が2017 年4月に創設した鳴戸部屋。ヨーロッパ出身力士として初めて相撲部屋を持ったことでも話題になった。

「ウチの部屋はまだ若い部屋なので、マネージャーと力士で力を合わせてちゃんこを作っています。ブルガリアのヨーグルトが必ず食卓に並ぶのも鳴戸部屋の特徴ですね」(鳴戸親方)

 ちゃんこは親方、力士がみんな揃って「いただきます!」。

 ちゃんこ番は2チーム交代制。マネージャーの指示のもと、仕込み・調理と手際よく進める。

「後援者の方からいただく食材を無駄なく使うよう献立を考えます。しょうゆスープが基本です」と話すのは、調理を指揮するマネージャーの成田篤さん。この日は、きのこをふんだんに。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >