2019/01/24 16:00

カリスマ書店員が選ぶ新井賞、回を重ねるごとに影響力増す

新井さん目当てで書店を訪れる人も
新井さん目当てで書店を訪れる人も

 1月16日の夜、今年の芥川賞・直木賞の受賞作が発表された。実はその同日、同時刻、ある女性が発信するツイッターを待ちわびて、多くの人が携帯電話の画面を真剣な眼差しでのぞきこんでいた。彼女が作品名をツイートすると、驚きと喜びに満ちた投稿がツイッターを埋め尽くす──本好きの一般読者や書店員、出版社が注目するもう1つの文学賞「新井賞」の発表だった。

「新井賞」とは、三省堂のカリスマ書店員・新井見枝香さんが立ち上げた賞だ。

「書店に飾られるPOP、宣伝文句など、新井さんが手がけると話題になります。一書店員さんですが、作家からの信頼も厚い。その新井さんが独自の企画として5年前から始めたのが『新井賞』です」(文芸関係者)

 これまでも本家の芥川賞・直木賞と同様に、半年に一度、一作品を選び発表してきた同賞。その選考基準は、「半年でいちばん面白かった本を独断と偏見で選んで、ひとりで勝手に表彰しています」と新井さんは言う。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

先祖代々伝わることを守ると吉。仏壇に手をあわせたり、都合が...もっと見る >