2019/01/26 07:00

倉庫での単純作業がすごい! 61才オバ記者、30代上司に憧れ

倉庫でのパート体験をオバ記者がレポート(イラスト/腹肉ツヤ子)
倉庫でのパート体験をオバ記者がレポート(イラスト/腹肉ツヤ子)

 女性セブンの名物記者「オバ記者」こと野原広子(61才)が、倉庫での仕分けの仕事を体験。還暦オーバーのオバ記者を待ち構えていたのは…?

 * * *
 倉庫での仕分けは、60代シニア定番の、無言で手を動かす単純作業。だからこそ見えることもある。人を人とも思わない職場もあれば、「こんな人になりたい」と仰ぎ見る年下の上司がいたりして、すべては“人”しだい──。

 60才以上、シニア枠の私が短期で派遣されるのはバックヤード。要は人目につかないところで黙々と体を動かすわけ。

「そりゃ、表舞台は若い人の方がいいもんね」

 初めてパートタイマーの仕事を探した46才のときは、この現実にチクンと胸が痛んだけど、今は口でなく体で物事を片づけていく仕事が、面白くてたまらない。

 そう思うきっかけを作ってくれたのは、30代後半のエプロン母さん・Yさんだったの。

◆仕事の指示は「座って」。作業をするのも「座って」

 最初の職場の倉庫では、作業着を着せられ、トイレに行くにも一列に並び、30代女子の上司からバカ呼ばわり。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >