2019/01/29 16:00

東京で最も古いミシュランおにぎり店 美味しさの秘訣は

「イクラ」はふわっと握られたおにぎりの中にイクラがたっぷり
「イクラ」はふわっと握られたおにぎりの中にイクラがたっぷり

 空前のおにぎりブームがやってきた。昭和29(1954)年創業、東京で最も古いおにぎり専門店として知られるのが、おにぎり浅草宿六(台東区)だ。カウンター越しに注文を受けてから握るのも、片側がきりっとそびえ立つ海苔の巻き方も創業時から変わらないスタイル。

 ショーケースには全国各地から厳選した色とりどりの具材が並ぶ。羽釜で炊くご飯はふっくら艶やか。3回だけ軽く握るのが美味しさの秘訣という。口の中でほろりと崩れるご飯と具、海苔の風味が渾然一体となって舌を喜ばせる。昨年、おにぎり店として世界で初めてミシュランガイドに掲載されて大きな話題に。

「僕にとっては子供の頃から食べてきた味。初代の祖母から伝わる“東京のおにぎり”を昼は僕、夜は母が握ります」(3代目の三浦洋介さん)

●おにぎり浅草宿六
・住所/東京都台東区浅草3-9-10
・営業時間/11時半~、18時~(ともに、ご飯がなくなり次第終了)
・定休日/日曜日(昼の部)、火曜日・水曜日(夜の部)

◆撮影/中庭愉生 取材・文/上田千春

※週刊ポスト2019年2月8日号

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >