2019/01/27 16:00

病気と闘う子供を励ますセラピー犬ベイリーを知っていますか

日本で初めて小児病院に常駐したセラピー犬ベイリー
日本で初めて小児病院に常駐したセラピー犬ベイリー

 病気で入院する子供のベッドで添い寝したり、時には、検査室や手術室まで付き添ったり…そういった役割を持ち、小児病院に常勤する犬がいることをご存じだろうか。

 2010年に日本で初めて、静岡県立こども病院でその試みは始まった。その第1号となったのが、「ベイリー」だ。ベイリーは、現在11才。静岡から活動の場を神奈川県立こども医療センターに移した後、昨年10月、その任務を終え、惜しまれながら引退したが、これまでに、ベイリーが励ましてきた子供たちはのべ2万3000人を超えるという。

 ベイリーは、オーストラリア生まれのゴールデンレトリーバーのオス。ハワイで、医療施設で働くための特別な訓練を受け、日本にやって来た。

 当時、日本では、かつてない試みだったこともあり、衛生面など、院内に動物を入れることに抵抗を持つ人も多く、小児病院に受け入れられるまでの道のりには、数々の困難があったというが、実際に活動するベイリーの姿に、病院関係者、入院患者の親たち、そして誰よりも子供たちの心が動いていった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >