2019/01/31 07:00

おにぎりブームの牽引役『ぼんご』 美味しさの秘訣に迫る

人気メニューの「筋子」「卵黄+トッピング・肉そぼろ」「鳥唐揚げ+トッピング・青しそ」
人気メニューの「筋子」「卵黄+トッピング・肉そぼろ」「鳥唐揚げ+トッピング・青しそ」

 早朝、巨大なしゃもじで炊きたてのご飯をガス釜から保温釜に移し替える──「おにぎりブーム」の牽引役となっている、東京・大塚の『ぼんご』に密着取材した。「蒸気で眼鏡が曇って大変なんです」と笑うのは、女将の右近由美子さんだ。

 続いて特注の木型にご飯を置き、具材をたっぷりとのせ、その上にご飯をかぶせて木型を素早くひっくり返す。

 形を整える程度に、握るのは3回だけだという。一番人気の「しゃけ」(250円)に使用する鮭は、脂がのったものを魚河岸から仕入れ、調理する。1週間に大ぶりの鮭を12匹使うという。名物の「卵黄」は、生卵を冷凍した後に解凍し、黄身だけを取り出して醤油に漬け込む。

 カウンター前のガラスケースには多彩な具材が並び、店内は寿司店のような雰囲気だ。山椒、唐辛子、生姜、柚子皮などが入った生七味とじゃこを合わせた「じゃこ生七味」(250円)も人気だ。食品メーカーに勤める客が「試してみて」と置いていった商品の生七味をもとに、右近さんが相性のよい食材を探して考案したという。

 サイドメニューの「とうふ汁(味噌汁)」(170円)は、おかわり自由。お新香も好みに合わせて選べるよう、きゅうりのみ、たくあんのみ、両者をセットにした「ミックス」(各220円)と、3種類が用意されている。

 55種類の具材の多くは、店で味付けや調理をする。海苔は香り豊かな有明産、塩はミネラルが豊富な沖縄産を使う。

 店前には順番を待つ人々で行列ができる。客は地元の住民、ビジネスマン、観光客、家族連れ、外国人など幅広い。創業以来、4代で通う常連もいる。丁寧な仕事が光る『ぼんご』は、これからも愛され続けることだろう。

●ぼんご
・住所/東京都豊島区北大塚2-26-3 金田ビル1F
・営業時間/11時半~24時
・定休日/日曜日(祝日の場合は営業)

◆撮影/中庭愉生 取材・文/上田千春

※週刊ポスト2019年2月8日号

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >