2019/02/05 16:00

天皇皇后両陛下が旅した名宿、日光金谷ホテルなど3つ

気品あふれる「日光金谷ホテル」
気品あふれる「日光金谷ホテル」

 平成の30年間、天皇皇后両陛下が旅した移動距離は62万kmを超えるが、その道中、ご宿泊などで訪れた「名宿」は数多い。ここでは、栃木県、静岡県、千葉県の名宿3施設を紹介しよう。

【日光金谷ホテル】(栃木県)

 明治初期の開業以降、西洋式リゾートホテルの草分けとして国内外の要人を迎えてきた日光金谷ホテル。ゲストブックには、イザベラ・バードやアインシュタインなど、錚々たる人物の名が残されている。

 即位後に天皇皇后両陛下が訪問されたのは1996年。旧日光田母沢御用邸や、世界遺産に登録される直前の日光東照宮などをご覧になった栃木行幸啓の際に宿泊された。

 天皇皇后両陛下の旅の記録をまとめた『旅する天皇』著者・竹内正浩氏が語る。

「昭和天皇も1957年と1982年に宿泊されたホテルです。今上陛下が利用されたのは、皇太子時代が最初。それから何度か利用されています」

●日光金谷ホテル/栃木県日光市上鉢石町1300/チェックイン15時・チェックアウト11時/シャワー付ツイン1室ひとり1万5444円~(税・サ込)。

【川奈ホテル】(静岡県)

 戦前に開業した相模灘の絶景を望む高級リゾートホテルで、「世界のゴルフ場100選」に選ばれ続けている名門ゴルフコースを併設する。2010年に神奈川県・静岡県行幸啓の際に滞在された時に両陛下が宿泊された。

「1970年の大阪万博開会式に臨場した昭和天皇皇后両陛下も宿泊されたほか、1998年には橋本龍太郎首相とロシアのエリツィン大統領(いずれも当時)との会談が行なわれた場所でもあります」(竹内氏)

 広大な敷地には、本州では唯一といわれる天然芝のテニスコート(グラスコート)やプールも併設され、リゾートホテルならではのアクティビティが備わっている。

●川奈ホテル/静岡県伊東市川奈1459/チェックイン15時・チェックアウト11時/1泊朝食付きひとり1万2700円~(税・サ込、入湯税別)。

【サンライズ九十九里】(千葉県)

 サンライズ九十九里の名の通り、太平洋に面した九十九里海岸に立地する、全室オーシャンビューの国民宿舎。

「行幸啓といえば、御用邸や軍施設を訪れた明治天皇や、各地の名旅館に宿泊する昭和天皇のイメージがありますが、国民により近い距離感を大切にした今上陛下は、時に国民宿舎などの施設に宿泊することもありました」(竹内氏)

 お泊りになったのは、2003年に開催された「第54回全国植樹祭」に両陛下が参加された際で、このほか九十九里町中央公民館や九十九里町いわし博物館、木更津市の東京湾アクアラインの海ほたるなども視察された。

●サンライズ九十九里/千葉県山武郡九十九里町真亀4908/チェックイン15時・チェックアウト10時/1泊2食付ひとり1万2420円~(税込)。

※週刊ポスト2019年2月15・22日号



今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >