2019/02/09 16:00

「なぜ自分だけが」と不遇を嘆くタイプはストレスに克てない

 という3つの感覚からなる。

『夜と霧』を読んでいくと、フランクル自身がこうした首尾一貫感覚の高い人だったことがわかるという。たとえば、『夜と霧』の冒頭で、フランクルは収容所から生還した自分たちをこう表現している(以下、『夜と霧』の引用は池田香代子訳・みすず書房刊より)。

〈何千もの幸運な偶然によって、あるいはお望みなら神の奇跡によってと言ってもいいが、とにかく生きて帰ったわたしたちは……〉

「『何千もの幸運な偶然』『神の奇跡』といった表現から、『なんとかなる』『なるようになる』という処理可能感や、『どんなことにも意味がある』という高い有意味感を持っていることが推察されます。でも、フランクル氏がいうように、収容所から『生きて帰った』ことは、本当にすべてが『偶然』であり、『奇跡』だったのでしょうか?

 たしかに、フランクル氏を含む被収容者たちは、生き地獄のなかでギリギリの選択を迫られ、あるいは選択の余地すらない状態で、死の危機から偶然にまぬがれたこともたびたびありました。しかし、それだけではなく、生還者たちが高い『首尾一貫感覚』を持っていたために『死』や『生の苦しみ』からも救われていたと思われる箇所が随所に出てくるのです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >