2019/02/09 16:00

「なぜ自分だけが」と不遇を嘆くタイプはストレスに克てない

◆“見通しのつかない不安”で精神が崩壊する

 フランクルの分析の中でも興味深いのは、被収容者たちが「収容所世界」の影響に染まっていった原因の1つは、“見通しのつかない不安”だったとしている点だ。多くの被収容者の報告書や体験記には、彼らの心に最も重くのしかかっていたのは「どれほど長く強制収容所に入っていなければならないのか、まるでわからないことだった」と記述されている。たとえば、こんな表現がある。

〈収容所に一歩足を踏み入れると、心内風景は一変する。不確定性が終わり、終わりが不確定になる。こんなありよう(引用者注/収容所内での過酷な生活のこと)に終わりはあるのか、あるとしたらそれはいつか、見極めがつかなくなるのだ。(中略)いつ終わるか見通しのつかない人間は、目的をもって生きることができない。(中略)未来を見すえて存在することができないのだ。そのため、内面生活はその構造からがらりと様変わりしてしまう。精神の崩壊現象が始まるのだ〉

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力があるので、ターゲットを一つに絞って取り組もう。遊び...もっと見る >