2019/02/10 16:00

なぜ猫の方が犬より圧倒的に殺処分が多いのか、対策も広がる

全国的な広がりをみせているミルクボランティア(写真提供/NPO法人「犬と猫のためのライフボート」)
全国的な広がりをみせているミルクボランティア(写真提供/NPO法人「犬と猫のためのライフボート」)

 環境省のデータによると、2017年度に殺処分された猫の約6割は離乳前の子猫だった。今、そんな子猫を1匹でも減らそうと「ミルクボランティア」が全国的な広がりをみせている。どんな取り組みなのか? その活動内容を紹介する。

 2017年度に保健所などに収容された犬の数は3万8511匹、猫は6万2137匹だった(環境省「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」より)。そのうち返還や譲渡されることなく、殺処分となった犬の割合は21%、一方猫は56%にものぼった。

 猫の方が殺処分される割合が高い背景には、収容される猫のほとんどが離乳前の子猫なのが関係している。NPO法人「犬と猫のためのライフボート」理事長・稲葉友治さんによると、離乳前の子猫は授乳や排泄の補助などで、世話に手間がかかるという。

「特に生まれたての子猫は2~4時間おきにミルクを飲ませてあげる必要があります。手がかかるため、助けたくても助けられないといった事情がありました」(稲葉さん・以下同)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >