2019/02/12 16:00

身近にいれば心強い かかりつけ医・家庭医のススメ

親の体調管理にかかりつけ医・家庭医のススメ(写真/アフロ)
親の体調管理にかかりつけ医・家庭医のススメ(写真/アフロ)

 子世代にとっては未知の部分が多く、ちょっとした不調でも戸惑う親の健康管理。相談できて、親のことを理解してくれる医療者が身近にいれば、どんなに心強いだろうか。今回、教えてくれた東京・多摩市のあいクリニック中沢・院長の亀谷学さんも、そんな地域医療を実践している家庭医(総合診療医)の1人だ。

「患者さんを臓器別に診察するのではなく、その人全体を包括的に診る。専門的な診察が必要な場合は専門医に紹介し、問題が解決したら、再びその後のケアまで担うのが家庭医です。幼児期から老年期まで長くつきあいながら、家族全体の健康相談、多剤併用になりがちな高齢者の薬の管理、終末期ケアまで継続的に診ます。

 アメリカの研究では、成人1000人の地域で1か月間に起こる健康問題は、大学病院に入院して専門医療を必要とする人は1人未満で、大半が風邪や腹痛などの日常病だと判明。つまり多くの病気は町のクリニックで間に合うということです。この研究は40年後にも再度行われ、また日本でも同様の調査がありますが、すべて同じ結果でした」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >