2019/02/20 07:00

血管年齢若返り5か条 やっぱり酢玉ねぎ、魚食べる

血管年齢若返るのために始めたい5か条
血管年齢若返るのために始めたい5か条

 日本人の4分の1が心筋梗塞や脳梗塞などの血管系の疾患で亡くなっている。さらに、血管の老化が進めば、それだけがんや認知症のリスクも高まるといわれている。言うなれば、人間の死を招く導く原因のほとんどが“血管年齢”に関わっているという調査結果もある。

 しかし、血管年齢は努力次第で若返ることも立証されているのだ。ここからは、彼らの知恵と専門家の最新研究に基づいた、血管年齢を若くする5か条を紹介していく。

◆早寝早起き

 そもそも、血管の老化とは血管の壁が硬くなることを指す。だから「血管を緩めてあげればいい」と話すのは、米ハーバード大学医学部客員教授で医師の根来秀行さん。

「血管を緩めるのに必要なのは、良質な睡眠です。眠っている間に分泌される成長ホルモンによって全身の細胞が修復され、血管もしなやかさを取り戻すことができるのです。

 そのためには、体内時計も整えるべき。たとえば〈夜11時就寝、朝6時起床〉のような7時間程度の睡眠を、規則正しい時間にとることが効果的です。特に寝入りばなの、最も睡眠が深くなる1.5~3時間は成長ホルモンが特に多く分泌されます」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >