2019/02/23 16:00

神童に「過度の期待」 子供の自殺未遂で気づいた親の愚かさ

子供を追いつめてしまった親の後悔(イラスト/ico)
子供を追いつめてしまった親の後悔(イラスト/ico)

「すべての困難は、あなたへの贈り物を両手に抱えている」とは、『かもめのジョナサン』などで知られるアメリカの作家リチャード・バックの名言。苦労や悲しみを乗り越えた先には必ず、希望にあふれた未来がある──。42才・主婦のAさんが、そんな言葉を実感させるエピソードを告白します。

 * * *
「月5万円も払ってんだから、もっといい点数を取ってこいよ」

 そう夫が怒鳴れば私も、

「このままじゃどこの高校も入れないわよ! バカ息子!!」

 などと続ける。当時の私たちは、息子の成績が落ちていくことが信じられず、その責任を息子になすりつけていたんです。

 3才で文字を、5才で九九を覚えた息子を、私たち夫婦は、神童とばかりに自慢に思い、将来を期待していました。ところが、入学した地元の公立中学校は荒れていて、授業妨害は当たり前。既定のカリキュラムすら進まない状態でした。

 それでも、うちの息子だけは頭がいいから大丈夫、と思い込んでいた私たちは、学校がダメならと、中学2年生から進学塾へ通わせることに。しかし、学校で基本すら習っていなかった息子は、塾で最下位の成績を取ってしまったんです。息子もショックだったようで、やる気をなくしてしまいました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >