2019/03/04 07:00

ステーキの新常識 オーブンで焼き、焼き色はフライパンで

オーブンで焼いた牛ヒレ肉のステーキ(撮影/玉井幹郎)
オーブンで焼いた牛ヒレ肉のステーキ(撮影/玉井幹郎)

 今まで当たり前だと思っていた調理法や、「おいしくなる」と信じ込んでいたワザは実は間違いだった!? 「おいしい」を科学する料理科学研究家・水島弘史さんが、ステーキの焼き方に関する新常識を伝授します。

【料理科学研究家・水島弘史さん】
 フレンチの経験を活かした料理教室は、日本一予約が難しいといわれる。『読むだけで腕があがる料理の新法則』(ワニ・プラス刊)他、著書も多数。

◆ステーキはオーブンで焼く

「オーブンレンジはあるけれど電子レンジ機能しか使っていない、という方が多いようですね。オーブン調理は熱した空気でゆっくり加熱するため、食材のダメージが少なく、ステーキやロースト料理に最適。ぜひ活用してください! 家庭用の小さいオーブンは、天板からの熱が強すぎて表面だけが焦げることがあるので、設定温度を120~130℃の低温にすること。そうすれば時間をかけても肉がパサつかず、確実においしく焼き上がります」(水島さん)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >