2017/07/07 11:00

限りなくジブリ作品に近いけど…話題作『メアリと魔女の花』は宮崎駿の魂を継承する魔法ファンタジーです【最新シネマ批評】

限りなくジブリ作品に近いけど…話題作『メアリと魔女の花』は宮崎駿の魂を継承する魔法ファンタジーです【最新シネマ批評】
限りなくジブリ作品に近いけど…話題作『メアリと魔女の花』は宮崎駿の魂を継承する魔法ファンタジーです【最新シネマ批評】


【公開中☆最新シネマ批評】
映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは、スタジオポノック第1回長編作品、米林宏昌監督の最新作『メアリと魔女の花』(2017年7月8日公開)です。

米林監督は、大ヒットしたジブリアニメ『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の監督。ジブリを退社後、初めて手がけたのが、この『メアリと魔女の花』です。ではまず物語から。

【物語】
メアリ(声:杉咲花)は、森の中で不思議な花「夜間飛行」を見つけます。それは魔女の花。メアリは一夜だけ魔法の力を授かり、魔法の学校「エンドア大学」の入学を許可されます。校長のマダム・マンブルチューク(声:天海祐希)らに歓迎されますが、魔法の力を持ったばかりに、メアリはとんでもない事件に巻き込まれていくのです。

【『魔女の宅急便』×『ハリー・ポッター』?】
『メアリと魔女の花』は、イギリス人作家メアリー・スチュワートの児童文学「The Little Broomstick(小さな魔法のほうき)」の映画化。『魔女の宅急便』×『ハリー・ポッター』というのは、メアリがほうきにまたがって空を飛ぶ姿は『魔女の宅急便』のキキをほうふつとさせますし、魔法の学校なんて、まさに『ハリポタ』じゃないですか! 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >