2017/07/19 12:45

【まさかの話】シンガポールでガムはご法度! なのに間違って持ち込んでしまったら…

【まさかの話】シンガポールでガムはご法度! なのに間違って持ち込んでしまったら…
【まさかの話】シンガポールでガムはご法度! なのに間違って持ち込んでしまったら…


「ガムの持ち込み禁止」という、世界でもなかなか珍しい法律が存在するシンガポール。「そんなバカな!」と思ってしまうけれど、ウソじゃありません。

なんでも、長らく権力の座にあったリー・クアン・ユー氏は吐かれたガムの害を問題視していたそうで、鉄道のドアセンサーにガムをくっつけるいたずらが横行したことをきっかけに全面禁止にしてしまったのだそう。それ以来、ガムをシンガポールに持ち込むと、高額の罰金が科せられるようになっています。

これからお伝えするのは、今思い出しても背筋がゾッとする、私がシンガポールにうっかりガムを持ち込んでしまったときのお話です。

【シンガポールは罰金大国】
今から約10年ほど前のこと。当時、私はシンガポールで働いていました。シンガポールはものすごくキレイなんだけど、暮らすとなると、ルールが多くてちょっぴり窮屈。

ハトに餌をあげたら」罰金、「公共トイレの水を流さず立ち去ったら」罰金など、あれもダメ、これもダメ、というルールがたくさん存在するので、「罰金」と「キレイ」の両方の意味を持つ語「Fine」から「Fine City(ファイン・シティ/美しい&罰金の大国)」と呼ばれてるぐらい!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >