2017/08/28 17:45

【トラウマ確実!?】美内すずえ先生は『ガラスの仮面』だけじゃない! …と聞いたのでオカルト少女漫画の傑作『妖鬼妃伝』を読んでみた

【トラウマ確実!?】美内すずえ先生は『ガラスの仮面』だけじゃない! …と聞いたのでオカルト少女漫画の傑作『妖鬼妃伝』を読んでみた
【トラウマ確実!?】美内すずえ先生は『ガラスの仮面』だけじゃない! …と聞いたのでオカルト少女漫画の傑作『妖鬼妃伝』を読んでみた


美内すずえ先生といえば、漫画史上に輝く傑作『ガラスの仮面』の作者。『ガラスの仮面』はドラマ化やアニメ化もされ、世代を問わず多くの人たちに愛されています。

しかし、美内すずえ先生の真骨頂は、実は「オカルト少女漫画」なのだという噂を聞きつけた私。

このたび『妖鬼妃伝』など3作をまとめた「美内すずえセレクション 黒の書」(宝島社)がPouch編集部に送られて来ましたので、今回はレビューしてみたいと思います。

果たして、美内すずえ先生の描くホラーはどんだけ怖いのでしょうか……!?

【『妖鬼妃伝』ってどんな話?】
表題作となる『妖鬼妃伝』は少女漫画誌『なかよし』(講談社)に1981年9月号から11月号まで連載された作品。あらすじはというと……。

デパートへ忘れ物を取りに行ったまま戻らず、変わり果てた姿で発見された親友ターコ。その死の謎を探るべく、主人公・秋本つばさは閉店後のデパートへ潜入し、1000年もの長いときを生き続ける妖鬼妃と妖しい人形たちの帝国を目にする。つばさは偶然知り合った霊能力を持つ美青年・九曜久秀とともに、妖鬼妃と戦うことを決意する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >