2017/08/31 07:45

タバコを吸わない社員に「有休を付与」はアリ? ナシ? 「有給あっても使えるかどうかは別」「うちの会社にも」など賛否

タバコを吸わない社員に「有休を付与」はアリ? ナシ? 「有給あっても使えるかどうかは別」「うちの会社にも」など賛否
タバコを吸わない社員に「有休を付与」はアリ? ナシ? 「有給あっても使えるかどうかは別」「うちの会社にも」など賛否

わたしがかつて働いていた会社では、スタッフのほとんどが喫煙者。

そのため、“タバコ休憩”で席を外すことは日常風景と化していましたし、当時わたしは喫煙者だったので(現在は非喫煙者)、そのことを特になんとも思っていませんでした。

しかし非喫煙者からしたら、タバコ休憩って不公平なものなのかもしれません。喫煙者と同じように “ちょっとひと休み” できたらいいのに。ひょっとすると当時の少数派禁煙スタッフたちは、そんなふうに思っていたのかな……。

わたしがこのように考えるきっかけとなったのは、株式会社ピアラが2017年9月1日から導入するという「スモ休」制度に関する報道でした。

【「スモ休」ってなあに?】
「スモ休」制度とは、非喫煙者(勤務時間内外を含む)に対し、1年間あたり6日分(1月あたり0.5日分)の特別有給を付与するというもの。

冒頭でも触れましたが、喫煙者は、タバコを吸うために1日数回に渡って業務を離れることがあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >