2017/09/15 17:45

風船で身体が浮くなんて楽しそう!と思ったけど9時間浮いたまま…「幸福に対する恐怖症」を表したアート作品でした

風船で身体が浮くなんて楽しそう!と思ったけど9時間浮いたまま…「幸福に対する恐怖症」を表したアート作品でした
風船で身体が浮くなんて楽しそう!と思ったけど9時間浮いたまま…「幸福に対する恐怖症」を表したアート作品でした

2017年9月3日、オーストラリア・シドニーにあるオペラハウスで、9時間に渡るアートインスタレーションが行われました。

イギリス・ロンドンを拠点に活動しているウィーン出身のアーティスト、ノエミ・ラクマイヤー(Noëmi Lakmaier)さんがアシスタントと共に用意したのは、2万個の風船。カラフルな風船にはヘリウムガスが詰め込まれていて、風船から伸びたひもの先にはラクマイヤーさんの体がくくりつけられています。

風船でふわりと宙に浮かぶ。そう聞くとファンタジックに感じられますが、インスタレーションの様子はちょっぴり異様です。

【風船で吊るされて、宙吊りに】
撮影された写真を見ると、ラクマイヤーさんは風船の糸でぎちぎちに拘束されていて、体の自由は効きそうにないし、そのまま長時間宙づりになるということ自体、想像を絶します。

少なくとも絶対に快適ではないと思うし、不安で心許ないような気持ちになってしまいそう。トイレはどうするのかな……と、要らぬ心配までしてしまいましたよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >