2017/09/25 14:00

【地味に便利】どう見ても“紐” にしか見えない「なわ文鎮」が発売! クネクネするけど、しっかり重くて本や書類に跡がつかない

【地味に便利】どう見ても“紐” にしか見えない「なわ文鎮」が発売! クネクネするけど、しっかり重くて本や書類に跡がつかない
【地味に便利】どう見ても“紐” にしか見えない「なわ文鎮」が発売! クネクネするけど、しっかり重くて本や書類に跡がつかない

習字に欠かせないアイテム、文鎮。使わなくなって随分経つという人も珍しくないと思うのですが、文鎮って、読みかけの本を固定したりするのに便利なんですよね。

2017年9月20日に発売された文鎮「なわ文鎮」は、文鎮の中でも異色なタイプ。漁網資材等を製造・販売する海光社が手がけたこちらのアイテムは、読んでそのまま、ロープのような細長~い形状をしています。

【「曲がる文鎮」って初めて見たかも!!!】
しかしながらしっかりとした重さがあるので文鎮としての役目はバッチリ果たしますし、なにより大きな魅力は「しなやかに曲がる」ところ! 併せて使用したいものによって形を自在に変えられるので、自宅でオフィスで、場所を選ばず大活躍してくれそうなんです。

【見た目は「ただの紐」】
大きさは直径約0.8cm、長さ50cm。重さは約150gで、カラーは黒と緑の2種類がラインナップされています。価格は税込み3000円。

ビジュアルは素朴……というか、よくある“ただの紐”という感じ。ですがそのシンプルさ、存在を主張しすぎないところが魅力となっていて、状況を気にせずガンガン使えそう! おもり部分の外周をポリエステル糸で編みあげているため、手触りがよく、載せる物におもしの跡がつきにくいのも特長。くるくる巻けるので、持ち運びにも便利そうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >