2018/04/27 19:45

注目作『君の名前で僕を呼んで』は世界一美しいBL映画。美青年同士の愛が熟していくプロセスにドキドキが止まらない…【最新シネマ批評】

注目作『君の名前で僕を呼んで』は世界一美しいBL映画。美青年同士の愛が熟していくプロセスにドキドキが止まらない…【最新シネマ批評】
注目作『君の名前で僕を呼んで』は世界一美しいBL映画。美青年同士の愛が熟していくプロセスにドキドキが止まらない…【最新シネマ批評】


【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは映画『君の名前で僕を呼んで』(2018年4月27日公開)です。本作はイタリアの美麗な景観を見ながらしっとり味わうBL映画で、これが素晴らしかったんですよ~。

ひとりの少年が、男性を好きになり、その気持ちが抑えられなくなっていく感じを熱~く描いていて、もうスクリーンから目が離せなくなるんです。では物語からいってみましょう。

【物語】
舞台は1983年、夏。17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は、大学教授の息子。彼の家族は毎年北イタリアの避暑地にあるヴィラで過ごしますが、そこに父の教え子の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)がやってきます。
エリオはオリヴァーに街を案内したり、食事を共にしたりするうちに、彼のことが気になって仕方がなくなります。ザワザワする思いにとまどうエリオは、女の子と付き合ってみたりしますが、満たされず、ついにオリヴァーに思いを打ち明けるのですが……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >