2019/02/22 11:00

【本音レビュー】実写映画『翔んで埼玉』は間違いなく2019年傑作コメディ! GACKTと二階堂ふみの怪演が漫画の世界を完全再現しています

GACKTさんが高校生を演じるというのに最初はビックリしましたが、白鵬堂学院そのものが異質。生徒がみんな宝塚の男役と女役みたいなので、GACKTさんが高校生でも二階堂ふみさんが男子生徒役でも違和感ゼロの世界です。

実は麻実麗役には若手の人気俳優の名前が数多く上がったそうなのですが、武内英樹監督は「キャスティングから無茶苦茶やりたい!」と言って首を縦に振らず、GACKTさんの名前があがったときにやっとうなずいたそうです。

映画を見ればわかるのですが、この映画を成功へ導いたのはGACKTさんだと思いますよ。二次元的な男GACKTだったからこそ、魔夜峰央の世界をスクリーンで再現することができたんだと思います。

【埼玉の永遠のライバル千葉】
そんなGACKTさん演じる麻実麗にゾッコンになるのが二階堂さんが演じる百美ですが、男子の設定なので麻実と百美がBLになっていくところも見どころ! 前半は超ドSな顔で埼玉県民を奈落の底に突き落としていたのに、麻実に恋した途端、何もかも捨ててレジスタンスの仲間入りをする恋する百美。二階堂さんもGACKTさんに負けない怪演を見せていますよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >