2019/02/26 07:45

【懐かしい?】字を間違えたときに登場するコイツ知ってる? 「みのむし」「誤字虫」「けし虫」などいろんな呼び名があるみたい

【懐かしい?】字を間違えたときに登場するコイツ知ってる? 「みのむし」「誤字虫」「けし虫」などいろんな呼び名があるみたい
【懐かしい?】字を間違えたときに登場するコイツ知ってる? 「みのむし」「誤字虫」「けし虫」などいろんな呼び名があるみたい

みなさんは、覚えているでしょうか。字を間違えたことをごまかすために描く、あの“みのむし” のようなマークのことを……。

正式名称はよくわからないものの、学生の頃、誤字をするたび、その字をぐじゃぐじゃっと消し、その上に目玉をふたつ描き足して完成させていたあのマーク。

時を超え、いま再びネットで話題になっているようで、懐かしさのあまり身もだえしてしまいましたよ。

【調べたらいろいろな呼び名があった!】
ところで、あの “みのむし” みたいなヤツのことを、世の人々は何と呼んでいるのでしょうか。

気になったのでツイッターをチェックしてみたところ、挙げられていたのは

・みのむし
・誤字虫
・げじげじ
・直ムシ
・けむし
・けし虫
・まっくろくろすけ

など多種多様。名前が異なる以外にも、脚を描き足したり、角を添えてカブトムシやクワガタのようにトランスフォームしたりと、アレンジを加えている人も見られました。

【意外と若い子も知ってる!?】
ツイッターを見ていて、興味深かったのは、このマークの存在を知っている人の年齢が、10代から40代までと幅広かったこと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >