2019/01/22 09:15

年末年始の飲酒と「くも膜下出血」リスク

写真=iStock.com/metamorworks
写真=iStock.com/metamorworks
働き盛りのビジネスパーソンは、多少の体調不良は見て見ぬ振りをしているかもしれない。だがそれは危険だ。今回、さまざまな「病気リスク」への対処法をまとめた。第2回は「くも膜下出血」(脳神経外科)について――。

※本稿は、「プレジデント」(2017年1月2日号)の掲載記事を再編集したものです。

■自覚症状はなく突然の激痛が襲う

くも膜下出血は、脳梗塞、脳内出血と並ぶ脳卒中の1つ。

脳には、頭蓋骨に近い順に硬膜、くも膜、軟膜と3枚の膜がある。このうち、くも膜と軟膜の間で、脳血管にできたコブ状の脳動脈瘤が破裂するのがくも膜下出血だ。

これまで3500例ほど動脈瘤の手術を行ってきた、順天堂大学医学部脳神経外科の大石英則教授はこう解説する。

「くも膜下出血は、40代以降の発症がほとんどで、高齢になるほど発症の可能性が高まります。年齢が上がるとともに動脈硬化の可能性が高くなり、脳動脈瘤ができるからです」

くも膜下出血は遺伝性が高いともいわれている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >