2019/01/19 11:15

質の悪い睡眠が肥満に直結するメカニズム

そうした食欲の増大を防ぐべく、質のよい睡眠を取るためにはどうすればよいのか。ポイントを具体的に説明しましょう。

まず、夜寝る2~3時間前から間接照明のついた部屋で、読書や家族と話すなどリラックスした時間を過ごしてください。こうすることで交感神経と副交感神経が切り替わり、リラックスモードに入ります。さらに、ペットと触れ合ったりすれば、オキシトシンというリラクセーションのホルモンが分泌され、なお効果的。オキシトシンは免疫力をあげて睡眠の質をあげることに貢献します。

質のよい睡眠を取るために体温も意識しましょう。体温が徐々に下がっていったほうが深い眠りにつきやすい。理想は午後10時までにぬるめのお風呂に入ること。1、2時間後には自然と眠くなり、この習慣を続けるとコルチゾールの分泌も減っていきます。逆に、遅くまで残業をするほか、蛍光灯のついた部屋でパソコンやゲームをするのはNG。脳が昼間と同じ状態になってしまい、睡眠に悪影響を及ぼします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >