2019/02/17 06:15

低すぎても危ない!健診数値の正しい見方

■「健康診断」と「人間ドック」はどう違う?

現在、厚生労働省では「健康日本21(第二次)」という国民健康づくり運動を通して、病気の予防や健康づくりの習慣化と保健指導に力を入れています。それを受け、健康診断の受診や健康増進プログラムの参加などに応じてインセンティブが付与される、ヘルスケアポイント制度を導入する自治体や民間企業も増加。最近では健康診断の結果で保険料が変動する保険も出てくるなど、官民による啓発が活発化しています。

でも、そもそも健康診断はなぜ毎年受ける必要があるのか、疑問に思いませんか? 会社員が受診する定期健康診断は、労働安全衛生法によって1年以内ごとに1回実施することが事業主に義務づけられています。これは従業員の健康状態の把握や生活習慣病の予防のために、最低ラインの健康チェックとして定められたもので、実際には企業や加入する健康保険組合によって検査項目の充実度はまちまちです。ちなみに、市区町村で行う国民健康保険の健診も、同レベル以上の検査が受けられるようになっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >