2019/01/21 09:15

本業よりも筋トレを優先する落語家の信念

自他ともに認める「筋トレマニア」の落語家・立川談慶氏
自他ともに認める「筋トレマニア」の落語家・立川談慶氏

「筋トレは裏切らない」。トレーニングの愛好家はこぞってそう話す。きちんと栄養を取り、適切な負荷をかければ、だれでも確実に「数値」が向上するからだ。落語家・立川談慶さんは「本業よりも筋トレのほうが優先順位が高い」とまでいう。その真意とは――。

■ベンチプレスは120キロ、胸囲は100センチ超

みなさん、こんにちわ。落語立川流真打ち、立川談慶です。私、落語家になってこの4月で丸28年です。近頃では出版依頼が相次ぎ、今年1月に出る『老後は非マジメのすすめ』(春陽堂書店)でちょうど10冊目の本になります。おかげさまで各方面から本格派ならぬ「本書く派」などとも称され、講演などの要望もどんどん増えています。

主として「落語コミュニケーション論」を唱え、そこが私の居場所ともなっていますが、さて、今回はそんな私の別の顔をご紹介させていただくことにします。

私、何を隠そう、実は筋トレマニア、肉体おたくなのであります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >