2019/02/21 09:15

71歳医師"75歳を過ぎたら保険証は不要"

平均寿命と健康寿命の差を考えると、日本人男性は最晩年の約9年、女性は約12年を、「健康ではない」状態で人工的に生かされて過ごすことになる――。※写真はイメージです(写真=iStock.com/06photo)
平均寿命と健康寿命の差を考えると、日本人男性は最晩年の約9年、女性は約12年を、「健康ではない」状態で人工的に生かされて過ごすことになる――。※写真はイメージです(写真=iStock.com/06photo)
日本は「長寿大国」といわれる。だがそれは誇らしいことなのか。医師で医療ジャーナリストの富家孝氏は「内実は『寝たきり老人大国』。無意味な延命策より、現役世代の医療費軽減に取り組むべきだ。75歳になったら国が健康保険証の返納を求めてもいい」と主張する――。

■「長寿大国」日本の悲惨な現実

2018年7月、厚生労働省が発表した「平成29年簡易生命表の概況」によると、日本人の平均寿命は、女性は87.26歳、男性は81.09歳。男性の平均寿命が80歳を超えたのは2013年のことで、これで連続4年目ということで、新聞からテレビまで大きく報道されました。かつて日本は平均寿命世界一でしたが、現在は香港に抜かれて2位。それでも、世界に冠たる「長寿大国」なので、メディアはこれを誇らしく報道するのです。

しかし、この「長寿大国」の現実は、実は悲惨を極めているのです。なぜなら、日本は世界一の「寝たきり老人大国」だからです。正確な統計はありませんが、介護者数などの統計から推測すると、約200万人の高齢者がいま「寝たきり」で暮らしています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >