2019/02/21 09:15

"午後の眠気"を完全撃退するための睡眠術

※写真はイメージです(写真=iStock.com/sakkmesterke )
※写真はイメージです(写真=iStock.com/sakkmesterke )
仕事中の眠気とどう付き合えばいいのか。スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所の西野精治教授は「働き方によって睡眠をコントロールする方法はさまざま。睡眠負債を抱えがちなビジネスパーソンは、体調管理の一環として、積極的に、正々堂々と20分ほどの仮眠をとったほうがいい」と説く――。

※本稿は、西野精治『スタンフォード大学教授が教える 熟睡の習慣』(PHP新書)の一部を再編集したものです。

■シフト勤務者の多くが体調不良を抱えている

日本ではいま、交代勤務で働く人の割合が3割近くになっていると聞いたことがあります。その多くが、睡眠障害、めまい、消化器系等の不調、勤務時間中の眠気、倦怠感などの問題を抱えているといいます。

交代勤務に伴うこうした体調不良も、「概日リズム睡眠障害」の一種です。

ただ、交代勤務とひとくちにいってもさまざまな勤務体系があり、産業による特徴もあります。2交代や3交代など夜勤のパターンによっても異なりますが、日本では、月に5~8回(週に1~2度)程度の夜勤が一般的です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >