2019/06/18 09:15

退院した患者に冷たい日本のリハビリ環境

脳卒中で倒れた人は、仕事には戻れるのだろうか。ライターの三澤慶子さんの夫は50歳で脳卒中になり、仕事に復帰するまで9カ月かかったという。三澤さんは「いまの仕組みでは脳卒中で倒れた人の『仕事復帰』の支援が手薄です。これではたとえ退院できても行き詰まってしまいます」と振り返る――。
ライターの三澤慶子さん(撮影=プレジデントオンライン編集部)

■麻痺は残ったが「全部ひとりでできる」

2014年2月、ライターの三澤慶子さんの夫(当時50歳)が脳梗塞を発病した。後遺症によって夫の右半身には麻痺が残ったが、リハビリを続けながら仕事復帰。生業である映画評論家(※)として執筆活動を続けている。

※映画評論家の轟夕起夫さん

突然の病と闘病の記録を、三澤さんは『夫が脳で倒れたら』(太田出版)につづった。三澤さんは今、自身の経験から脳卒中患者が早期に仕事復帰する重要性を感じ、その道を模索しているという。

――脳梗塞を発病したことで旦那さんの体の右側に麻痺が残ったということですが、生活する上でサポートは必要ですか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >