2019/07/16 09:15

日本人のスーツがアメリカで大笑いなワケ

※写真はイメージです(写真=iStock.com/shironosov)
※写真はイメージです(写真=iStock.com/shironosov)
一流のエリートになるためには、どうすればいいか。ニューヨークコレクションデザイナーとして活躍したアケミ・S・ミラーさんは「カジュアルな服装の日でも、靴や時計は高級なものを身に着けていれば一目置かれます。一流のエリートとは、服装も仕事も自分のスタイルをしっかり確立している人です」と指摘する――。(第3回、全5回)

■NYエリートは自分に合う装いを知っている

ニューヨークコレクションのファッションデザイナーとして25年間働く中で、数々のトップエリートとの出会いがありました。彼らの身なりの共通点は、確立された自分のスタイルを持っているということですね。エリートだからといってギラギラした感じはなく、ナチュラルに自分に似合う服を知っていて、それを身に着けています。

自分に似合う服はどうやって見つければいいのか? 答えは単純で、まずはデパートなどの専門店の店員に相談することです。きちんと採寸をしてもらい、肩幅や袖丈、後ろ身頃などを測ってもらった上で、肩や胸元のゆとりはどれくらいだときれいに見えるかを調整してもらいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >