2019/08/05 06:15

目の手術は"大学病院なら安心"は大間違い

深作眼科院長 眼科外科医 深作秀春氏
深作眼科院長 眼科外科医 深作秀春氏
「日本の眼科医療は欧米など世界から20年、遅れている」。こう語るのは、欧米などで研鑽を積み、数多くの治療法を開発、2017年には世界最高の眼科外科医に贈られるクリチンガー・アワードを受賞した深作秀春氏。日本の眼科医療の問題点を語ってもらった。

■欧米など世界の認識では「眼科は外科医」

アメリカの眼科には、2種類の眼科専門家がいます。まずは医学部出身で眼科の治療と手術を行う「オフサルモロジスト(眼科外科医、M.D.)」が1万7000人ほどです。他方は専門大学やカレッジに通い資格を取った「オプトメトリスト(検眼医、O.D.)」が5万人ほどいて、通常の眼科診療や点眼やオルソ治療など、手術はできませんが、かなり日本の一般眼科医に近いレベルの治療を行っています。しかし、元来はメガネやコンタクトレンズの作成が主な仕事でした。

一方で日本は眼科医という一種類しかなく、この中に眼科外科医と検眼医のような診療医がいます。みなさんが“目医者さん”と呼んでいる医師がオプトメトリストのような診療医です。現実には、日本では眼科外科医はごくわずかしか存在しないのです。もしあなたが「日本の眼科医は世界的に優れている」と思い込んでいるとしたら、間違っています。本来の眼科外科医が極端に少ない国だからです。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >