2019/08/17 11:15

東京23区内に「大きな眼科」が少ない裏事情

■高齢化によって増加した疾患は?

年を重ねると「眼が見えにくくなった」「疲れやすくなった」と感じる機会は増えていく。一体、どのような疾患に悩まされるのだろうか。

日本における視覚障害の原因疾患の1位は、緑内障だ。フジモト眼科理事長兼院長・藤本雅彦氏は、「近年、緑内障が早期に見つかる傾向があります」と説明する。

「これは人間ドックが発達し、さらに『40歳以上で20人に1人が緑内障』という啓蒙活動が進んだ結果かと思われます。一方、発展途上国における失明原因の1位は白内障。手術する医療体制がまだ整っていないためです」

それに対して日本は、白内障手術は一定の質が担保されており、多くの病院やクリニックで日帰り手術が行える。そのため、視覚障害の主要な原因にはなっていない。

「2位の網膜色素変性症は治療法が確立されていません。それに次ぐ糖尿病網膜症は、早期に治療介入ができるため、以前よりも重症の患者さんは減っている印象。逆に黄斑変性は、高齢化とともに増えている印象があります」(藤本氏)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >