2019/08/04 11:15

髙田明社長が40年以上続ける1日"1食半"

髙田 明●ジャパネットたかた創業者 1948年、長崎県生まれ。大阪経済大学卒。74年、父親が経営する「カメラのたかた」入社。86年、独立。2015年、社長退任。現在はJ2「V・ファーレン長崎」社長。
髙田 明●ジャパネットたかた創業者 1948年、長崎県生まれ。大阪経済大学卒。74年、父親が経営する「カメラのたかた」入社。86年、独立。2015年、社長退任。現在はJ2「V・ファーレン長崎」社長。

■ローヤルゼリー飲むことが大事

糖質制限ブームの影響もあり、近年厳しい食事制限を自らに課すビジネスパーソンが増えてきた。それは経営者も例外ではない。アンケートによると「健康維持のため日々の食事にルールを設けている」と答えた経営者は8割に迫る勢いで、一般のサラリーマンの約半数という数値を大きく上回っている。“健康な食事”については、諸説あるが「そのぶん正解と断言できるものはそう多くない」とは精神科医で、ベストセラー作家でもある樺沢紫苑氏。

「例えば、一日3食しっかり摂ったほうがよいという研究結果がある一方、少ないほうがよいという研究結果もあります。結局、どの年齢であるか、体重、体形、血圧や血糖値によって健康的な食事は異なります」

その代表例が糖質制限だ。

「糖質制限に関する研究は、肥満や糖尿病を対象にしたものが多く、BMIが正常領域の健康者でのデータは少ない。むしろ過剰な糖質制限で寿命が縮むという研究もあります。まずは自分の体質を把握することが大事なのです」

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >