楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/15 06:15

30年続ける「バッティングセンター健康法」極意

溝畑 宏●大阪観光局長 1960年生まれ、東京大学卒。自治省(現総務省)に入省後、大分県庁に出向。大分トリニータを育てあげた。2010年観光庁長官、15年より現職。大阪を「急成長渡航先ランキング」で世界1位に。
溝畑 宏●大阪観光局長 1960年生まれ、東京大学卒。自治省(現総務省)に入省後、大分県庁に出向。大分トリニータを育てあげた。2010年観光庁長官、15年より現職。大阪を「急成長渡航先ランキング」で世界1位に。

■超手軽! でも効果は絶大!

大分トリニータの社長を退任後、観光庁長官を経て、大阪観光局長を務める溝畑宏氏の健康法は、30年以上通っているという週に1度のバッティングセンターだ。

「小さい頃は『巨人の星』にあこがれて大リーグ養成ギプスを自作するほどの野球少年でした。これまで、大阪も含め地方都市で勤務することが長かったですが、どんな都市に行っても、バッティングセンターを見つけては足を運んでいましたよ」

溝畑氏が健康法としてバッティングセンターを選んでいるのは、野球好きという理由以外に運動時間が決まっていることが挙げられるという。

「出張先のどの市街地にもありますし、大抵は一回20球ほどと決まっているので忙しいときにも足を運べ、値段も手頃なのに、打てた際は爽快。自分の体の調子も確認できます」

ここまで紹介した経営者たちの健康法に対し、溝畑氏の持論は「教科書にない異色の健康法」と言えそうだ。

精神科医で、ベストセラー作家でもある樺沢紫苑氏によると、バッティングセンター健康法には、本特集の根底を貫く大きなポイントが隠れている。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >