楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/08/04 11:15

偏差値30台の子を難関中に合格させた凄母の技

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Yagi-Studio
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Yagi-Studio
子供3人を難関の国立中に合格させた「凄母(すごはは)」がいる。しかも、家事・育児はワンオペで、義父の介護もあった。母親を取材した松本史さんは「目の回るような忙しさのなか、受験対策の勉強法を徹底的に研究・効率化し、無駄を省いた思い切った戦略を果敢に実行したからこそ子供たちを合格させることができた」という――。

■ワンオペ家事育児&義父介護しながら、子供3人を合格に導いた

今年、合格した女子御三家の桜蔭中を蹴って、女子最難関国立附属中に通うAさん(現中学1年、13歳)の母親(44歳)は私たちの取材に開口一番こう答えた。

「わが家の教育の基本方針は、(1)将来を見据えて中学受験はしたほうがいい、(2)受験するなら国立を第一志望とすべし、(3)大学は家から通える国立大に入るべし。そのことを子供たちにはいつも言ってきました」

よってAさんだけでなく、2人の兄も中学受験を経て、現在、名門国立大学附属高、附属中に通っている。現在、小学生の妹も、国立中を目指して勉強中だ。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >