楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/15 06:15

"頭を使うビジネスマン"は1日3個卵を食べよ

PIXTA=写真
PIXTA=写真
勉強時、脳のパフォーマンスを上げるためには、食べるものにもこだわりたい。今すぐ実践できる食事法をプロが伝授する。

■最初に野菜、炭水化物は最後に食べる

最近では「糖質制限」という言葉をよく耳にします。しかし私は「糖質チョイス」として、糖の質や摂り方、至適量などを提案しています。糖を制限しすぎると筋肉が減少し、基礎代謝量が落ちてしまいます。

糖は、なんといっても脳に必要なエネルギー源。脳のパフォーマンスを上げるには血糖値コントロールがカギとなってきます。

通常、人は食事をすると血糖値が上昇し、すい臓からのインスリンが分泌されて、高血糖にならないようにコントロールされます。健康であれば、血糖値は食後約1時間をピークに、5~6時間ほどで空腹時の値に戻ります。

食後の眠気を起こさず、集中力を持続させるために、避けたいのが血糖値の乱高下です。血糖値は急激に上がると、その後、急激に下がりますが、下がりすぎると眠い、だるい、うつっぽいなどの低血糖症状に陥ってしまいます。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >