楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/15 06:15

35歳から外資転職するときに必要なスキル7つ

■【4】「短所の改善より、長所を伸ばせ」の理由

数年ごとにジョブローテーションを繰り返しながら人材を育成していくことが多い日本企業と違い、外資系は、職種別採用のため、ポジションごとの役割が明確に分かれている。「求められるのはスペシャリスト。なんでもこなせるゼネラリストは強みになりません。専門性をいかに磨くかに集中し、時間を割くべき。実力主義のため、スキルさえあれば、年齢や性別に関係なく、昇給・昇進が可能です」(ホン)。「“短所は長所でカバーすればいい”というのが、外資系の考え方。この分野では誰にも負けないというスキルを身につけ、どんどんアピールしていく積極的な姿勢が大事です」(狐崎)

■【5】アメリカ系かフランス系か……。本社のお国柄によってカルチャーが違う!

ひとくちに外資系といっても、本社の国籍でカルチャーは異なる。「アメリカは社内の雰囲気がフラットでチャレンジに対してポジティブですが、結果が出ないとプロジェクト単位でクビになるなど成果にシビア。ヨーロッパはワーク・ライフ・バランスが徹底していて、成果に対しては比較的緩め。特にドイツは仕事の進め方が日本企業に近いです」(狐崎)。「アメリカは何事も非常にスピーディー。ヨーロッパはプロセス重視の傾向に」(ホン)。共通するのは女性の働きやすさ。女性が少ない組織は、本国の指示で積極的に採用することもあるという。「女性専用ポジションを設けるフランス企業も」(狐崎)

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >