楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/29 11:15

意外に知らない「贈り物の正しいマナー」11選

考え抜いて選んだ贈り物でも、渡し方に失礼があったら台無しになることも。こんなときどうすればいいの?と迷ったときのマナーを、専門家に教えてもらいました。

■贈り物選びの注意点はありますか?

急に準備をした印象を与えてしまわないよう、贈り物は事前に準備をしておき、訪問先の近くで購入することは避けましょう。また、贈る相手が希望しているとき以外は一般的に避けたほうがよいとされている品もあるので、覚えておきましょう(表参照)。

■のし紙は、かけたほうがいいのでしょうか?

贈り物は奉書紙で包んで水引をかけ、のしをつけるのが正式ですが、現在は水引やのしが印刷された「のし紙」を使用するのが一般的です。目上の方やあらたまった贈り物の場合にはのし紙をかけ、表書き(目的と贈り主名)を書きます。たとえば会食時にお渡しする手土産なら「粗品」「御礼」、少しカジュアルな場合は「心ばかり」といった目的を水引より上に書きます。水引より下に名前をフルネームで書きます(会社として贈る場合は、一般的には社名を書きます)。毛筆や筆ペンなど、太く濃い文字が書ける筆記具を用いましょう。表書きを書かない「無地のし」は、親しい間柄やちょっとした贈り物の場合に使用します。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >