楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/26 17:15

「全裸よりパジャマ」が日本人の眠りにいいワケ

Q. 全裸で寝ると健康になるってほんと?

■全裸で寝るより効果的なこと

残念ながら、「全裸で寝た場合と、寝巻きを着て寝た場合、どちらが睡眠(健康)にとって優位であるか」というエビデンスがないので、医学的にはお答えできません。

ただし、質の高い睡眠には「深部体温」が関係しています。深部体温とは、体の表面の温度である「皮膚体温」に対して、内臓など体の内部の体温のこと。これは通常、朝目覚める頃から上昇をはじめ、日中は高めのまま推移し、夜にかけて低くなる、という決まったリズムで変動しています。そして、私たちの体には、深部体温が低くなると眠くなり、昼夜の差が大きいほど眠りやすくなる、という仕組みが備わっています。「全裸で寝ると健康になる」という俗説は、この「深部体温の昼夜の差」に由来するものかもしれません。

深部体温の昼夜の差を大きくするためには、全裸で寝るより、規則正しく過ごすことをおすすめします。よい睡眠がとれない人は、夕方のピーク時になっても体温が上がらず、夜、布団に入る時間になっても体温が下がらない、深部体温のリズムが乱れた状態であると考えられます。深部体温のリズムには、「メラトニン」というホルモンが影響します。メラトニンは、睡眠時に多く分泌され、朝目覚めて太陽の光を浴びると、脳からの指令で分泌が止まります。しかし、現代の多くのビジネスパーソンは帰宅時間が遅く、寝る直前までスマホやPCを眺めて人工的な光(ブルーライト)を浴びているため、自然の光との関係が乱れがちです。ライフスタイルを見直して、睡眠の質の向上をはかりましょう。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >